« オフロード初体験 | トップページ | 写真と説明、載せ忘れ・・・・ 夏ボケか・・ »

アルテSLは中途半端?

先日LOOK585のチェーンを外し灯油洗浄したついでにスプロケット類もきれいフキフキ♪していたところ、プーリーの一つ、上側のガイドプーリーの回転が非常に悪い・・ 
いや、悪いどころの騒ぎじゃなくブレーキ掛かったままのホイールを回しているかのような凄い抵抗が・・・ 「なんじゃこりゃ!」とはずしてみたところ、このプーリーはベアリングではなくメタルでした。

1

ばらしてグリス塗りなおして再度組みつけてみたけれど状態は一向に変わらず回転は相変わらずかなり渋いまま。

それとは相反して下側についているテンションプーリーはとてもよく回る、抵抗感もほとんどなし、この違いはなんだろう? と、こちらもはずしてみたところ、こちらはナント!ベアリング仕様! 両方ベアリングにしろやっ!!

2

下がベアリング仕様のテンションプーリー、そして上が問題のメタル仕様のガイドプーリー
多少価格が上がってもアルテグラなら両方ベアリングでしょう。
105が両方メタルでデュラが両方ベアリング、アルテグラSLは中とって一個だけベアリングって訳ですか、Shimanoさん(笑)

そんなわけでプーリー交換です。
TCRにも使ってみたBBBのプーリーセットがいいかな?と思い調べてみるとセラミック仕様のちょっと高めのやつが見つかりました。
千円ちょっとの差ならと、このセラミック仕様の方を選びましたがたぶん体感ではわからないでしょう、でも、こういう時って安い方買えないんだよね・・・  うまい商売に引っかかったかな(笑)

3

下側のテンションプーリーは変える必要なかったけど、なんとなく両方合わせたほうがいいような気がして上下とも交換しました。

4

この作業をするにあたってチェーンを切っちゃったので、これもTCRで使って来て調子の良いミッシングリンクで繋ぎました。
これを使っておくとチェーンの灯油洗浄やスプロケットの掃除、今回のようなプーリーの交換清掃など、とても便利なんですよね。
変速性能や強度の劣化はいままでTCRで使ってみて感じたことはありません。

おすすめの逸品ですよ。

5

このミッシングリンクはチェーン同士が引っ張られた状態だと、とてもはめにくいのでスポークをこのように曲げたものを使ってはめてます、専用の物が売られてますが針金やバイクショップでゴミとなったスポークで作れるので、ミッシングリンク使ってる方は一つ作っておくと便利ですよ。

6

あと、ミッシングリンクの隠れた利点!

それは、チェーンオイルをつけるとき、どこから始めたかの目印になるんですよ、これってささないことですが、かなり助かります。

にしてもつまんないコストダウンするなぁ・・

人気blogランキングへ
楽しい自転車ブログがいっぱい!
クリックしていただけると、このブログのランキングがあがります

|

« オフロード初体験 | トップページ | 写真と説明、載せ忘れ・・・・ 夏ボケか・・ »

コメント

あぁ。これってMTBでも一緒です。
XTR=DURAは両方ベアリング。
LX=105以下は両方メタル。
XT=ULTEGRAは一つはベアリング、他方はメタル。

MTB弄ってるとき中途半端やなって思っていました。

ちなみに、MTBのラッピドのシフターも使用ベアリングの個数でグレード分けされています(笑

投稿: chiro | 2008年7月17日 (木) 11時49分

おおぉよかった!そう思ってたのは、僕だけじゃなかったんですね。
しかもMTBも同じグレードの分け方だとは・・・

確かにグレードで差別化はしなきゃならないのはもっともなんですが、この分け方はどっかひっかかるんですよ。
材質の違いで重量に出るとかなら問題ないんですけどね・・。

投稿: 京介♪ | 2008年7月17日 (木) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158463/22314412

この記事へのトラックバック一覧です: アルテSLは中途半端?:

« オフロード初体験 | トップページ | 写真と説明、載せ忘れ・・・・ 夏ボケか・・ »