« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

本格的にブレーキどうしよう・・・

ブレーキをどうしようか悩んでおります。

いつまでもブレーキ外したままほっとくわけにもいかず、どうするか考えておりましたが、油圧ディスクにすることは決めたんですが、モノを何にするか・・・ここで悩んでるわけです。

080730

まずはインターナショナルタイプとポストマウントタイプ、このどちらにするか。

MTBはじめての僕には何が何やらチンプンカンプンでしたので一通りしらべてみました。

そこで決めたのは、タイプはポストマウントで行こうということ。
理由は、インターナショナルタイプはディスクローターに当たるパッドの位置をシム(スペーサー)でずらして決めるらしい、なので位置決めはシムをかませてボルトを締めて様子をみて、またボルト緩めてシムを弄っての繰り返しになるようで時間も手間もかかるらしい。

それに比べポストマウントタイプはボルトを緩めた状態でブレーキレバーを握ってボルトを締めるだけ、たったこれだけでパッドのセンター出しはお終い。

スリックタイヤとブロックタイヤのホイールを履き替えることを考えると絶対ポストマウントの方が楽だと思います、ホイールごとディスクの位置って微妙に違うから。

そんなわけでポストマウントタイプに決めたわけですが、問題は機種。
当初、Deore XT にしようと思っていましたが、どうせならXTRか・・・とも思い調べてみました。

そしたらXTRのポストマウントタイプのブレーキキャリパーBR-M975Pの説明に「ポストマウントタイプ(フロントのみ)」と書いてありました。

なんだ?この(フロントのみ)って・・・
ポストマウントのキャリパーには現在フロント用、リア用は無いはず・・・
現にDeore XTの説明に(フロントのみ)なんて言葉は出てきません、悩みました。

悩んで悩んで悩んだけれど初心者の自分にわかる訳もないのでここはさっさとShimanoサポートに聞いてみました。

そこでShimanoさんの言うには、「Deore XTにはポストマウントタイプしかなく、XTRグレードにはインターナショナルタイプもあるのでリアはアダプターをかまさなくても済むインターナショナルタイプを使ってくださいという意味です」とのこと。

ん~~・・ と言うことは、リアにもアダプター噛ませれば使えるッツウことかな?と解釈しましたが、合ってるのかな・・。

と言うことで、いまいち不安ながら、BR-M975Pを前後2個と、現在のフロントフォークがインターナショナルマウントなので160mm用の変換アダプタフロント用を1個(リア用はとりはずしたHAYES MX4 に着いていたので)、とブレーキレバーを用意すればOKかな?と思っております。

なんだかよくわかってないので間違いがあるかおもいっきり不安ですが早いとこ決めないといつまでのXTC2に乗れないので・・・ はぁ(;´Д`) な気分であります。

人気blogランキングへ
楽しい自転車ブログがいっぱい!
クリックしていただけると、このブログのランキングがあがります

| | コメント (4) | トラックバック (0)

当分乗れないXTC2

新ホイール、FULCRUM のREDMETAL3を注文する時、ブレーキディスクローター取り付けタイプを6穴式にするかセンターロック式にするか2種類あって悩みましたが、XTRグレードのディスクローターに6穴式がなかったのでセンターロック式のREDMETAL3を注文し、一緒にXTRのセンターロックタイプ160mmディスクローターを前後頼みましたが、ここに大きな落とし穴が仕掛けられていました(泣)

センターロック式のディスクローターの取り付けはchiroさんのブログを見てわかっていたのでTCRのボトムブラケットを外す時に使っていたShimanoのホローテック2用の工具「TL-FC32 アダプター取り付け工具」を使ってはめ込みました。

0807291

なぜかREDMETAL3にはディスクローター付属のロックリングでははまりません、そしてこれもなぜだかREDMETAL3付属のロックリングはShimanoのホローテック2用の工具がピッタリです(謎)

と、ここまでは順調でしたがタイヤ&チューブも嵌め、リアのスプロケットも取り付け、フレームに組み込んでみると・・・・

カチーン!!っと何かにあたってホイールが数センチしか回りません、それも前後ともです。

何があたってるのか調べてみると

0807292

HAYES MX4のディスクブレーキ本体から出ているディスクパッドの突起、これにディスクローターのステーがあたってました。

0807293

この部分ってなんのため? よくわからないので削っちゃおうかとも思いましたが売れなくなる・・・・ と思ってやめました(笑)

元のホイールに戻せば乗れますが、なんかそういう気にならないのでとりあえず乗れないまま置いてあります・・。

なんでこんな設計なんだろう・・ 他メーカーどうしなので当然と言われれば当然ですが規格品だと思っていたので結構ショックです。

HAYES MX4 とshimanoのセンターロックタイプのXTRローターとは相性悪いです。

こりゃ油圧化するしかないかな・・・。

人気blogランキングへ
楽しい自転車ブログがいっぱい!
クリックしていただけると、このブログのランキングがあがります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第17回 中央構造線サイクリング大会

昨日、一昨日と中央構造線サイクリング大会に初参加してまいりました。
中央構造線とは・・・・・・・   説明が長くなりますので省略します(笑)

まぁその中央構造線を2日間かけて自転車で走りましょう!と言うイベントです。
距離は2日間で90kmチョイなので全然楽勝!な~~んて思ってたりしたんですが、なんでもそうですが箱を開けるまで中身はわからないもんですね(汗)

朝は先週に引き続きフライフィッシャーさんと、くま☆さんと近場のサークルKにてAM6:30に待ち合わせ、今回の搭乗機はLOOK585、久しぶりの出番です。

前回は遅刻したので、今日は汚名返上で一番乗り、ついでに補給食&朝飯ゲット。
ほどなくして2人が登場、時間に余裕もあるのでゆっくりスタートです。

先週は2人のハイペースに引きづり回され、大変な目にあったので今日もビクビクしながらスタートしましたが、どうやら今日は二人の気分も落ち着いているようで結構楽なスローペース。

0807261

このまま行ってほしいので2人を刺激しないよう先頭にたってもスピードの変化を極力抑えながら走りました(笑)

伊那市に入ってからサイクリングロードで高遠へ向かいました、初めてサイクリングロードと言うのを走ったんですが、とても気に入りました。

0807262

自転車で復興をかけている飯田市にも是非ともサイクリングロード欲しいですね、このような道なら安心して子供と長距離サイクリングができます。

開会式会場に到着し検車や受付をしてしばらくすると開会式が始まりました。

0807263

その後ゲートから10人くらいずつの集団スタートが始まりましたがフライフィッシャーさんとくま☆さんは支度すらしてません(笑)

なので2人より遅いぼくは2人を置いてさっさとゲートに並びました。
スタート合図とともにゲート下からぼくの中央構造線サイクリングが始まりました、こういうのってイベント参加な気分にさせてくれます。

0807264

スタート直後の上記の写真を撮ってから山頂に着くまで一枚も写真はありません、なぜなら、そんな余裕はこのあと一切なかったからです(笑)

2日で90km? 楽勝じゃん!って思っていてごめんなさい(笑)

というのも分杭峠を始めて登ったからですが、あんなに足を休める場所のない峠だとは知りませんでした、途中途中にあるサービスポイントがほんとに砂漠のオアシスのように感じれました(汗) 
もう限界・・・ と思う頃に、「あと1kmでサービスポイント」とか出てくると頑張れるんですよね、絶妙な場所に作ってあって感謝感謝です。

ただ、このサービスポイントで用意してくれてあったバナナ、食べれませんでした、少しの休憩では体が食べれるような状態にならないんです終始ぜぇぜぇはぁはぁでしたから。
そのかわりシャワーを浴びました、これが気持ちいい! 最高!とか思っていた時、ふと気付きました、バックポケットにカメラ入れてることに・・・ あっ、麦茶も首からかけました(笑) そのくらい思考能力低下してました。

そうは言ってもあまり休んでもいられないので、バナナに後ろ髪ひかれながら再スタート。
途中自分と同じ位のペースの人を見つけ着いていくことに、面白いことにある場所では自分が早くある場所では抜かれるんです、微妙な斜度で得意不得意があるんですね。
途中完全にちぎられたんですが、山頂少し手前で発見! その方は前半で飛ばしすぎたのか先ほどのスピードはない模様、なんとか追い抜き山頂ゴール!

そう、気分的にゴールだと勝手に思ってましたがここはたんなるチェックポイントでゴールはまだ先でした、ぼくの初分杭峠はそのくらい辛かったです(笑)

0807265

ここで昼食がでました、おにぎりと豚汁、あとミネラルウォーターとキュウリもいただきました、発汗したあとは豚汁がうま~~い!バックポケットに補給食はいれてますが、やっぱり食事はこういうのが良いですね、美味いと思って食べれます。

0807266

ゴールだと思ったらゴールじゃなかった(笑)チェックポイントを出発するとそこからゴールまではほぼ下り。

ここからは昼飯時に一緒になったくま☆さんと一緒にゴールを目指しました。

最後に堪えたのは、直線状にゴールが見え「ふぅ~・・ 頑張ったオレ、エライ!」と思ったら係員に「通り過ぎてくださ~い!チェックポイントがまだ先にありま~~す」と言われたことでした・・ ゴールの先にチェックポイント作るのは結構コタエマス・・・ また最後のチェックポイントからゴールまでの間にある上り坂、あれは効きましたぁ、ゴールを見ちゃってからって頑張りが利きません(笑)

そんな初日でしたがゴール後は予約してあった宿でバーベキュウをしてくれました。
5時から庭で飲んで食べて喋って、楽しい時間を過ごして、ふと時計をみると10時半・・
いや~楽しすぎ、昨晩は2時間しか寝れなかったのに楽しいと無理利くもんですね。

でも流石に部屋に帰ったら速効でご就寝でした。

0807271

2日目は本来、大鹿村から南信濃まで中央構造線を移動するルートでしたが土砂崩れによって道路が寸断されたため、地蔵峠頂上まで行き、来た道を折り返して大鹿村を外周するルートに変更されました。

0807272

地蔵峠も結構つらいんですが、大鹿村内に戻ってからのルート中にある劇坂・・・ これがすさまじく、美ヶ原ヒルクライムにある劇坂よりキツイらしくその坂直後にあるチェックポイントでは到着したみなさん、その坂の話でもちきりでした、それほど長くないのでなんとか登れましたがあれがもっと長かったら途中で心が折れちゃいますね(汗)
あの坂でいったんクリート外して足を着いたら復帰はもう無理でしょう。
本来のコースではないけれどあの坂はうまく織り込めば名物になるんじゃないでしょうか? 

あっ、でも、もう登りたくないので織り込まないでください、と言うのが正直な感想です(笑)

0807273

その劇坂後のチェックポイントで、そうめん?と炊き込みごはんの食事が出ました、デザートについた生のブルーベリーがホント美味かったぁ。

食事後のコースも最初は登坂が少しありましたがそれほどきついコースもなく、「アレッ?今日はもうこれでおしまい?」みたいな感じで余力を残してゴールできました。

0807274

これから自走で帰宅なので丁度良い位の疲労感で、ゴールできて助かりました。

ゴール後、「このバイク、ネットで見かけたんですが・・・ ブログとか書かれてませんか?」と声を掛けていただきましたが、話をお聞きすると6月の諏訪のツーリングの日記のときコメントをいただいたロンリーローディーさんでした。

なんかこう言ったきっかけで声を掛けていただけるとすごくうれしいですね。

それからkenji0505さんもトレーラーバイクでお子さんと参加されてましたが、あの劇坂の数々、大変だったと思います、ぼくだったら・・・ 無理です、一人でいっぱいいっぱいでしたから(笑)

そんなこんなで終わった2日間、感想は一言で言うと、先週に引き続き「これってサイクリング?」につきます(笑)

自分の中の「サイクリング♪」とはかけ離れた「サイ苦リング」(笑)でしたが、終わってみれば滅茶苦茶楽しかったです、喉元過ぎればでしょうか?(笑)

来年も是非参加したいですね、今年お会いした皆さんにまた来年も会えますように。

今大会の関係者の皆様、ありがとうございました。

人気blogランキングへ
楽しい自転車ブログがいっぱい!
クリックしていただけると、このブログのランキングがあがります

| | コメント (16) | トラックバック (0)

XTC2用ホイール

キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ツ !!

080725

それとセンターロックのディスクローター

0807252

ところが、ちょっと取り付けてみると大問題発生・・・・・    

ヽ(´Д`;)ノアゥア...  

人気blogランキングへ
楽しい自転車ブログがいっぱい!
クリックしていただけると、このブログのランキングがあがります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

EscapeとXTC2のハンドルカット

嫁さんのESCAPE R3はハンドル幅がありすぎて前々から気になってました。
乗ってる姿もおしゃれじゃないしw
肩幅よりかなり広いため腕を広げて乗っているので疲れそう。

XTC2のデフォルトのハンドル幅も自分には広すぎて、どうもしっくりこない。

こうなったら2台まとめてハンドルカットだぁ~!
と言うことでパイプカッターを買ってきました、今後も使うことはあるだろうと100円ショップの物はやめてホームセンターで購入しました、結構高かった・・(泣)

まずはXTC2のグリップを抜くところから

0807221

グリップとバーの間にブレーキクリーナーのホースをグニグニと突っ込み、ぶしゅ~~っ!
はい!これで簡単にグリップ抜けました。
一番苦労すると思ってたところなので拍子ぬけです。
そのあとブレーキレバー、シフトレバーのボルトを緩めて動かせるだけ内側へ移動しておきます。

0807222

カット幅は初めてなので余裕をみて少なめの片側3cmずつカットです。
物差しで測って油性マーカーで印、その上をパイプカッターでクルクルして締めてクルクルして締めてを繰り返してると簡単にポロッっと切れます。
反対もクルクルポロッとやって、新しく購入したスペシャライズドのグリップの内側にブレーキクリーナーをたっぷり吹き込み、プラスティックハンマーで軽く叩きながら押し込み終了、超簡単。

続いて嫁さんのR3です。

0807223

こちらはグリップがイモねじで止まっているので六角レンチで緩めます、そのあとグリップをグリっ!!ぷ・・・・・   ごめんなさい・・   とやると緩みます、結構固くくっついてました。
次にブレーキレバーのボルトを緩めハンドルバーの内側へ移動、そのあとグリップシフト部分を緩める訳ですがこのイモねじがわからず、「きっとどこかに隠しネジがあるはずだ、ラバーの下か??」とか思ってあせりましたがよく見ると普通にちゃんとありました(笑)

それをゆるめたらグリップシフト部分も内側へ移動です。

0807224

こちらも安全策をとって長く切らず片側3cmの計6cm、クルクルっポロッっといっときます。

0807225

切り口はこんな感じですが、こんなに厚いものだとは思ってませんでした。
パイプカッター買ってきて良かったぁ~~・・ ノコで切っても僕じゃきれいに切れないわ・・。

4本切ったからパイプカッター代は4分の1になりました、これからもたくさん切ります(笑)

2台一気に切ったわけですが、パイプカッターもなかなか優秀なやつだったので苦労なく終わりました、やっぱ道具は大事ですね。

0807226

嫁さんにまたがってもらったら良い感じ。
XTC2に着いていたグリップを移植したらいい感じにはまりました。

0807227

こちらも精悍なハンドル回りになりました、実際乗ってみてもしっくりきます。
と言うかデフォルトが広すぎ、きっと切ること前提なんでしょうね。

人気blogランキングへ
楽しい自転車ブログがいっぱい!
クリックしていただけると、このブログのランキングがあがります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ツール・ド・諏訪湖?

昨日の日曜日は、くま☆さんから「どこかサイクリングに行きませんか?」とのお誘いを受けていたので、「諏訪湖にでも行きましょうか?」と返事をしたことから、朝6時出発の諏訪湖サイクリングとなりました。

出発前の準備をしているとフライフィッシャーさんから連絡があり、同行するとのこと・・
いや~~な予感・・・ その予感は見事的中するのでありました。

近場のサークルKにてフライフィッシャーさんとくま☆さんと合流、補給食とドリンクを購入して諏訪湖目指して出発です。

0807201
(サイクリングだというのにフライフィッシャーさん下握ってますw)

先ほど言ったいやな予感、それはこの二人が揃うとハイペースになるんじゃないか?と言う予感でしたが、まんまその通りになりました、平地は35km以上はあたりまえ、上りも20km以上、僕の心拍は180オーバー・・・   あの~まだスタート直後なんですけど・・・(汗)

サイクリングと言う言葉はどこへやら・・・

休憩なしで一気に伊那まで走ったのも今回が初めて、この二人を誘うのは今後考えよう・・・ と本気で思いました(笑)

伊那のコンビニで休憩した後は輪を掛けてのハイペース、なんとか頑張ってついて行ったものの、ふくらはぎがやば~~い感じを訴え始めたので先行する二人から離脱して一人休憩を川岸駅でとりました、しばらくして、2人が心配して戻ってきてくれ、3人でしばし休憩としました。

0807202
(左から フライフィッシャーさんのピナレロF3:13 くま☆さんのLOOK595 僕のLOOK585)

いつもは一台だけ写る川岸駅での写真も今日は3台、賑やかです。

ふくらはぎの痙攣もなんとか落ち着いてきたので再び諏訪湖めざして出発ですが、休憩中に昼飯はうなぎを食べようという話になり目標は諏訪湖畔のうなぎ屋、これで少しは元気がでるかな?(汗)

うなぎ効果かその後はへこたれることなく諏訪湖釜口水門のうなぎ屋に到着。
11時半前だったので待つこともなく直ぐ食べれましたが、食べ終わって店のそとに出てみると結構な列ができてました、結構人気の店なのかも?

諏訪湖の湖岸道路を周回しようと走り出してみたところ、連休のためかかなりの自動車の数、熱気と渋滞にうんざりして、このまま周回せず杖付峠に向かおうということになり一路帰路に。

杖付峠で高遠に下り休憩、来週は中央構造線サイクリングでここへ来るんだなぁ・・などと話していて気付きました、来週もこの面子なんだということに・・・・ しかも2日連続 軽くしねる(笑)

0807204

伊那からは僕以外が先頭交代しながらハイペースで帰ってきました・・・うはは、だって無理!w
それでも松川過ぎてからすこ~しだけ引きましたよ、ほんの少しですがw
でもさすがの超人二人もだいぶ疲れた様子で、途中僕が落としたボトルを拾ってくれた時のくま☆さんの疲れきった顔は始めてみました、同じ人間なんだな~ぁと思えて良かった(笑)

そんなわけで、どこがサイクリングだったのでしょう、ぼくにとってはツール・ド・諏訪湖の一日でした。

来週はサイクリングになりますように・・・・・。

本日の走行
距離        182km
平均速度  26.2km/h

人気blogランキングへ
楽しい自転車ブログがいっぱい!
クリックしていただけると、このブログのランキングがあがります

| | コメント (10) | トラックバック (0)

欲しかったハードテール

最近家にやってきたマウンテンバイクの紹介です。

前々からMTBが欲しくて、オークションなどの中古を見たりして探してはいたんですがなかなか「これっ!」と言うものにめぐり合えず、たまに出物があって入札するも予算を遥かに超えていったりして購入出来ませんでしたが、LOOK585用のホイールを諦めたため購入資金に目処がついたので欲しかったバイクを手に入れることができました。

buff_kingさんがコメントで察したとおり(笑)、TCR、EscapeR3、に続いて我が家三台目となるGIANTのバイクで型は「XTC2」です。

0807193_2 

このバイクにしたのはレース用に使えるフレームで一番安いモデルだったからで、フレームはこの下のXTC850とは違う軽量アルミ「ALUXX-SL スーパーライトアルミニウム」を使用しジオメトリもレース用とのこと。

別にレースに出ようと言うわけじゃないけれど、「レース用」という言葉に弱いんです(笑)

0807195

上位のXTC1とはフレームは同じなので、そのうちパーツをグレードアップして行くことを考えると好きなフレームカラーにしておいた方が良いな・・と思い、シルバー&ブラックのXTC2にしました、おかげで当座の出費も少なくすみました。

デフォルトのままだと結構重いので登りで一苦労します、少しずつ改良を加えて末永く付き合っていけるバイクに仕上げていこうと思っています。

0807194

この前コメントをいただいた同じXTC2に乗るchiroさんのバイクが滅茶苦茶カッコ良いので目標なんですが・・
物まねになっちゃったらごめんなさい!(汗)
そんな僕の目指すカッコいいXTC2を見れるchiroさんのサイトはこちら「自転車な日々」です。

現在のスペック

フレーム        GIANT ALUXX-SL
フロントフォーク    ROCKSHOX DART2 LOCKOUT 80mm
BB            TRUVATIV POWER SPLINE 118-68mm
ギアクランク    TRUVATIV ISOFLOW 22/32/44T170mm       
チェーン                   SHIMANO HG73                  
F:ディレーラー          SHIMANO DEORE 34.9 デュアルプル
R:ディレーラー          SRAM X5
シフター                    SRAM X5 TRIGGER 9S
ブレーキセット            HAYES MX4 6'ローター
ブレーキレバー          HAYES MX HML
ギア                         SHIMANO HG50 9S 11-34T
ヘッドセット                CANE CREEK シールドカートリッジ
ハンドルバー             ALUMINUM 25.4 560mm(6cm Cut)
ハンドルステム          ALUMINUM 25.4 90mm
ハンドルグリップ  ★スペシャライズドSR グリップ ブラック
サドル                  ★SELLA ITALIA   SLR
シートピラー              ALUMINUM 30.9X350mm
シートクランプ            ALLOY 34.9 QR
ペダル                  ★SHIMANO PD-M520-L SPD
F:ホイール                WTB DUAL DUTY 32H               
R:ホイール                WTB DUAL DUTY 32H
F:タイヤ                    KENDA BLUEGROOVE 2.1
R:タイヤ                    KENDA NEVEGAL 2.1


総重量13.7kg

人気blogランキングへ
楽しい自転車ブログがいっぱい!
クリックしていただけると、このブログのランキングがあがります

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ロードとマウンテンのランデブー

今日は夕方5時頃、走り行っても許されそうな雰囲気・・(笑)

短時間で帰れそうな猿倉の泉を目指して出発。
今日の自転車も最近はまりぎみのマウンテン、登りは当然ロードの方が速いけど、MTBはゆっくり登れるから結構好き、ロードってなぜか急いじゃうので結果辛くなっちゃうことが多いんだよね(汗)

猿倉の泉の上り口に着くも太陽はまだまだ上のほう、暑いけどこれがこの時期の良いところ、まだまだ時間的に先にいけそうなので飯田峠頂上を目指すことに。

0807191

市瀬の橋を越えここから本格的な登りになるも、前回のような疲労感はない、どうやらマウンテンバイクに少し慣れてきたようで、このバイクでの自分のペースが掴めるようになってきた、スピードはめちゃくちゃ遅いけど(笑)

市瀬の橋の上のヘアピンを登ったところで上からロードバイクの人が下りて来た。
近くまで来たとき軽く挨拶をしてチラ見して通り過ぎる・・・・   ん?LOOKのパンツ? 

おおぉ くま☆さんじゃん!   なんと一緒にLOOKを買った戦友くまさんでした。

スピードを上げて下っていくくまさんに後ろから「くま☆さ~~~~~~~~ん!!」 (ホントは実名w)と声をかけたところ気づいてくれたようで登ってきてくれた。
しばらく話をしていたら、もう今日の登りのタイムはどうでもよくなってきて(良い言い訳になりましたw)、くま☆さんが猿倉の泉まで登ったことがないと言うのでこのまま下って一緒に泉まで登ることになり、ロードとマウンテンのランデブーと相成りました。
やっぱり舗装路ではロードは速いなぁ・・・
あちらは足を休めてても、ゴー!!とか言ってるマウンテンじゃずっと足回しっぱなしです。

0807192

猿倉の泉でスキーと自転車談義をしばし楽しんで、明日一緒に走る約束をして帰宅しました。
くま☆さん速いからなぁ・・・  明日は地獄見ないといいなぁ・・・(汗)

  

人気blogランキングへ
楽しい自転車ブログがいっぱい!
クリックしていただけると、このブログのランキングがあがります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真と説明、載せ忘れ・・・・ 夏ボケか・・

ええっと、昨日のブログのプーリーの話ですが、写真も撮ってあったのに載せるの忘れてました、しかも商品名すら載せていない・・・ だいぶ来てます ここ最近暑いですからね~(笑)

商品名はBBB ROLLERBOYS 型番 BDP-12

7

こんなパッケージで、画像右のプラモデルの部品みたいなスぺーサーで挟むことによっていろいろなディレーラーに対応させているようです。

ちなみにSHIMANO 8~10速はAと言うスペーサーです。

画像の通りプーリー自体にUPPER 方や LOWER と明記されているので取り付けに悩むこともありません。

商品説明は

■セラミック製ベアリング使用,無抵抗に近い回転
■グラスファイバーを40%混合したEMS SWISS素材を使用.
■たわむことなく非常に硬く,正確なシフトを実現.
■適合:BDP-12=SHIMANO 9速、10速、MEGARANGE

SHIMANO 7速、8速/CAMPAGNOLO 8速、9速用にはBDP-11があります。

近所をテストがてら乗ってみた感じではいたって普通です(笑)
「無抵抗に近い回転」 これは???な感じであります。
軽くなってるような気もしますが、それは多分プラシ~ボかな~♪ (;´∀`)

人気blogランキングへ
楽しい自転車ブログがいっぱい!
クリックしていただけると、このブログのランキングがあがります

| | コメント (6) | トラックバック (0)

アルテSLは中途半端?

先日LOOK585のチェーンを外し灯油洗浄したついでにスプロケット類もきれいフキフキ♪していたところ、プーリーの一つ、上側のガイドプーリーの回転が非常に悪い・・ 
いや、悪いどころの騒ぎじゃなくブレーキ掛かったままのホイールを回しているかのような凄い抵抗が・・・ 「なんじゃこりゃ!」とはずしてみたところ、このプーリーはベアリングではなくメタルでした。

1

ばらしてグリス塗りなおして再度組みつけてみたけれど状態は一向に変わらず回転は相変わらずかなり渋いまま。

それとは相反して下側についているテンションプーリーはとてもよく回る、抵抗感もほとんどなし、この違いはなんだろう? と、こちらもはずしてみたところ、こちらはナント!ベアリング仕様! 両方ベアリングにしろやっ!!

2

下がベアリング仕様のテンションプーリー、そして上が問題のメタル仕様のガイドプーリー
多少価格が上がってもアルテグラなら両方ベアリングでしょう。
105が両方メタルでデュラが両方ベアリング、アルテグラSLは中とって一個だけベアリングって訳ですか、Shimanoさん(笑)

そんなわけでプーリー交換です。
TCRにも使ってみたBBBのプーリーセットがいいかな?と思い調べてみるとセラミック仕様のちょっと高めのやつが見つかりました。
千円ちょっとの差ならと、このセラミック仕様の方を選びましたがたぶん体感ではわからないでしょう、でも、こういう時って安い方買えないんだよね・・・  うまい商売に引っかかったかな(笑)

3

下側のテンションプーリーは変える必要なかったけど、なんとなく両方合わせたほうがいいような気がして上下とも交換しました。

4

この作業をするにあたってチェーンを切っちゃったので、これもTCRで使って来て調子の良いミッシングリンクで繋ぎました。
これを使っておくとチェーンの灯油洗浄やスプロケットの掃除、今回のようなプーリーの交換清掃など、とても便利なんですよね。
変速性能や強度の劣化はいままでTCRで使ってみて感じたことはありません。

おすすめの逸品ですよ。

5

このミッシングリンクはチェーン同士が引っ張られた状態だと、とてもはめにくいのでスポークをこのように曲げたものを使ってはめてます、専用の物が売られてますが針金やバイクショップでゴミとなったスポークで作れるので、ミッシングリンク使ってる方は一つ作っておくと便利ですよ。

6

あと、ミッシングリンクの隠れた利点!

それは、チェーンオイルをつけるとき、どこから始めたかの目印になるんですよ、これってささないことですが、かなり助かります。

にしてもつまんないコストダウンするなぁ・・

人気blogランキングへ
楽しい自転車ブログがいっぱい!
クリックしていただけると、このブログのランキングがあがります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オフロード初体験

今日は午前中に仕事があったので午後から出発。
前々から走ってみたかった道、今日はそこを走ろうと数日前から楽しみにしてました。

その道は鳩打峠、飯田市の沢城湖からいつも行く大平宿まで続く林道で、その殆どが未舗装のダートコースです。

今までロードしか持ってなかったので大平宿まで行っても鳩打で帰ることはできず、いつも入り口を指をくわえて見てきたわけですが、今日は行きます、行けるんです。

そうです、夢にまでみたMTB(マウンテンバイク)が家にやってきました。
実はLOOK585を購入するにあたって貯金してきたんですが、ホイール代も含めて貯金してたわけです、ところが購入予定だったホイールが発売予定日を数ヶ月すぎてる現在も未だ発売開始をしてません。

もういい加減我慢できないので、その予算を崩して前々から欲しかったMTBを購入したわけです。

新入りとなったMTBの紹介はまた後日にして今日は、これまた前々から夢だった鳩打林道初体験の感想です。

往路はいつもの飯田峠で登ることにしました、知らないダートコースをいきなり登っていく勇気はありませんでした(汗)

いざ大平に向け出発してみると、ただでさえ最近登りをやってない体にブロックタイヤでの走行はかなり厳しく全然進んでくれません、車体重量だけみてもLOOK585の倍近い重さなので、想像はしてきたんだけれどそれ以上に進まない・・。

無理してペースあげても体力消耗するだけなので焦る気持ちを誤魔化してゆっくりペースを維持してなんとか頂上まで着きました、とりあえず足付き無し!! と、そんなレベルです(笑)

 しかしいくらなんでもロードのタイムより40分近く遅いのは酷過ぎ・・・・(泣)

0807131

頂上から、大平宿まで下っていくと途中に林道の入り口が・・ 「う~ん・・このまま鳩打林道に入ろうかな・・」とも思ったけど、走ったことない道、何キロ続くのか、どんな路面なのかまったく知らないので、いつものお休み処大平で休憩兼情報収集。

コーラを飲みながら話を聞くと、問題なく飯田までいけるようだ、熊にだけ気をつければいいみたい、これで安心して走れる。

休憩を終え、来た道を少し戻り、鳩打入り口へ。

0807132_2

さあ、ここから始まる初体験オフロード、もうワクワクしてきます。
熊に合いませんようにと願いながらコースイン。

大平側から入ってすぐは気を付けないとタイヤを切りそうなガレガレの小石一面の結構な下りが続き、オフロード初心者の自分にはかなり緊張する出だしです。

しばらく行くと右側が切り立った崖になり崖下は渓流、殆ど車の通らないこの場所で落っこちたら命にかかわるのでダブルトラックの左側を出来るだけ走行。

途中道を横切って渓流へ落ち込む水の流れを越えながら走る、ロードでは絶対入りたくないような深さでもMTBは何ともなく越えていく、この感覚すっごい楽しい・・
ロードしか乗ってこなかったのですべてが新鮮。 

0807133

しばらく進むと砂利道は砂道に変化、これはこれで面白い、かなりの抵抗がかかってスピードが落ちるけれどMTBにはロードにはないローギアがあるので全然疲労することなく砂地を走れる。
ここまで走って思ったのは、鳩打は大平側からは最初が少し下るだけであとは殆ど平地であると言うこと、飯田峠の感覚だったので、大平側からはずっと下っていくものだと思い込んでました、標高計を見てみると後半は逆に登っていってる。

10km近く走ってきて、「あと何キロ位あるんだろ、そろそろ下らないのかな?」と思った矢先目の前にトンネルが

0807134

「やばい・・ 滅茶苦茶長いぞ・・ 」 なぜなら そう!ライト持ってきてません(笑)
照明なんてついてるわけもなく真っ暗で何も見えないトンネルを出口の明かり頼りにひたすら走りました、それしか方法も思いつきませんでした・・・。

トンネル内は幸いに何も落下物障害物も無かった様で(走行ライン上は)無事脱出(笑)できました。
0807135

ここからは舗装路でしたが、かなりの傾斜での下り、しかもコーナーの殆どがアスファルトが崩れていて、水が流れていたり、結構な段差になっていたりして、ロードバイクではここも無理そう。
路面状態に注意しながらしばらく下って行くと沢城湖へ登っていく道にぶつかりました。
ここからは知った道なのでもう安心、と思った矢先ハンドリングがおかしい・・・
コーナーを曲がっていくとハンドルが内側々へ切れ込んでいく、非常に怖い・・
えっ?? こんな癖があったっけ?このバイク?? と思ってふとフロントタイヤをみたら、ん?つぶれてる? パンクでした・・ しかも空気入れすら持ってきてません、と言うかまだ買ってない・・。

ただ、幸いにスローパンクのようで完全には抜けていないためゆっくりならは走れそうだったので、舗装路に入った時ロックアウトしたフロントサスペンションを再び機能させ、ウィリーするかのごとく出来るだけ後に加重をかけて無事帰ってきました、きっと人からは「あの人何やってんだろ??」と思われるような乗り方でしたが・・ いいんです無事帰ってこれれば(汗)

そんな訳でとても楽しかったオフロード初体験。
当分病みつきになりそう、こんなに楽しいなら頂上までの苦労も我慢できます。

ロードでは味わうことが出来ない楽しみがもっともっとMTBにはありそう。
楽しいオフロードをどんどん探さなくては・・・ でも、どこにあるんだろう??

0807136

走行後の泥落とし洗車も初体験、ロードじゃここまで汚れること無いものね。

あぁ・・ ほんと楽しかった。
今度はクマ避けの鈴とライトは持っていこう・・・。

人気blogランキングへ
楽しい自転車ブログがいっぱい!
クリックしていただけると、このブログのランキングがあがります

| | コメント (10) | トラックバック (0)

奥様もケイデンスは知りましょう

この前の嫁さんとのツーリングで思ったのは、クロスバイクでもケイデンスは大事と言うこと。
ペダリングを少し指摘してから全然ペースがあがったもの・・・。

初心者程ケイデンスをしっかり確認するべきなのでしょう、ただ、何も目安がないのに回転数云々言っても乗り始めたばかりの人が、今、自分が何回転でクランクを回してるのかわかる訳もないので、ケイデンス計測機能付きのサイクルコンピューターが必要になると思います。

ちょうど家にはEdge305を使うようになったためTCRで当初使っていたCC-CD300DWが冬眠していたので、これを嫁さんにプレゼント、スピード、ケイデンスのダブル無線の使い勝手の良い物です。

TCRのチェーンステーは独特な形をしていてセンサーをつけるのにとても苦労した記憶がありましたが、Escape R3のチェーンステーはいたって普通の形だったので何の苦労もなく取り付け完了。

0807091

0807092

電池もすべて新品に交換したので調子も良さそう。
このサイクルコンピュータで嫁さんのやる気が起きてくれるなら安いもんです    ん?これが本音か(笑)

人気blogランキングへ
楽しい自転車ブログがいっぱい!
クリックしていただけると、このブログのランキングがあがります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もげこの初ロング?ライド

最近、買ったは良いけど乗ってもらえず、悲しがっている(ように見える)Escape R3を元気づけるべく嫁さん(以下もげこ)をツーリングに誘ってみました。
本人もこのところ忙しくなかなか乗る機会が得られなかったので二つ返事で行くとの事。

さて、そこでコース選びとなるわけですが、飯田はどこに向かっても坂ばかり、自分がよく走るコースで車通りが少なく比較的登坂も少ないのは松川インター~竜東線コース。
まぁ距離は35kmを超えるけどそこは本人には告げず出発しました。

行きの松川インターまでは登り基調、この前、十何年ぶりに自転車に乗ったもげこさんにはこの数パーセントの坂もキツイ様で登りになると一気に離れてしまう、常にバックミラーとにらめっこです。

ミラーに映ったもげこさんのペダリングに違和感を覚えたのでしばし前を走ってもらいながら後ろから観察してみると、踏み下ろす時に思いっきり踵を下げてペダリングしている。
このところロード乗りの人のペダリングしかみていなかったから、すごく不思議にみえる。
でも知識を何も知らず、練習もしずに乗るとこうなるのが普通なんだな・・と感じました。

その場で直るかどうかはわからないなぁ・・と思ったが、一応気になるところを後ろから指摘しながらしばらく走行してみたところ案外飲み込みが早い。
再び後ろにつけて走ってみたところ、明らかに先ほどよりペースが落ちなくなった、ペダリングってやっぱ大事なんだね。

松川インターを下り天竜川を渡ってから飯田までは下り基調なので順調に走行している様子。

途中、自販機の前でジュース休憩。
普段、ジュースをあまり飲まないもげこさんも350mlを一気飲み、そうとう喉が乾いているようです。

080706

天竜川を渡りなおし飯田市街地方面へ向う。
走りながら「立ってこげる?」って聞いたところ「無理!」とのこと、「ちょっとやってみ」と言ってみたところチャレンジしてる様子だが腰が浮いてこない・・・。

これをやらせたのは家に帰るのに短距離だが急な坂を登る必要があるため、まぁ緩やかな坂を長距離登っても帰れるんだけれど僕はあまり好きじゃないし初心者にも数キロに及ぶ坂は嫌になってしまうだろう。
と思い急坂コースへ挑んでみたが、見事玉砕(汗)
途中で足をついてしまい仁王立ちで動かなくなってしまった、まるでエネルギーの切れたロボットのようで声も発しない(笑)
ここさえ登れば後は楽だから、と励ましてなんとか家に着きました。
家に着いた途端、顔や腕から汗が噴き出してくるようで普段滅多に汗をかかない本人はかなりびっくりしている様子、自転車は体への負担が少なく運動量を大きくとれる証拠でしょうね。

本日の走行距離35.5km よく頑張ったと思います、と言うか無理させすぎたかな?(笑)

課題はスタンディング。
飯田市で自転車乗るなら電動じゃなきゃスタンディングは必須だと再確認しました。
頑張ってもらいましょう。

人気blogランキングへ
楽しい自転車ブログがいっぱい!
クリックしていただけると、このブログのランキングがあがります

| | コメント (6) | トラックバック (0)

インフレーター 携帯ポンプはこれ

ぼくの使ってる携帯ポンプはLOOK585にはトピーク社のマイクロロケットブラスターCB、TCRには同じくマイクロロケットブラスターAL、違いは末尾のイニシャルのとおりCBはカーボン、方やALはアルミです。
アルミのほうはTCRに乗ってるとき自分のために2回、見ず知らずの人の救助に1回、計3回活躍してくれました。
このボディーサイズでも問題なく高圧まで空気が入ります(問題あったら商品にはならないねw)
さすがに小さいだけあって一回のポンピングで入る空気の量は当然すくなく走行可能になるまで数百回「シュッコ、シュッコ!」とやらなければならないけれど、それでも慣れれば20分くらいでパンク修理できます。
ぼくの考えは携帯用ポンプは常日頃使うものじゃないのでしっかり空気が入るならポンピング回数が増えても小さいほうが良いと思うのです、家で使うのは大きくても楽に入るのがいいけどね。
そんなわけで3回使った経験からLOOK585用にもマイクロロケットブラスターを選びましたが、こちらはカーボンフレームに合わせて少し高いけどCB(カーボン)にしましたが、フレームとのマッチングもバッチリで大変満足です。

0807022

まだこちらのカーボンタイプは未使用だけど、できればこのまま永遠に未使用でいてほしい工具です。

0807023

空気圧計のないインフレーターを使うコツは、家のフロアポンプの空気圧計で計りながら練習がてらタイヤに空気を入れ、希望の空気圧になるには何回ポンピングするのかを覚えておけば出先で空気圧計がなくても走行に支障のない圧力まで入れれますよ。

人気blogランキングへ
楽しい自転車ブログがいっぱい!
クリックしていただけると、このブログのランキングがあがります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステム交換

と、いっても長さや角度は同じものですが。
というのは、今までつけていたステムはショップの物で、ポジションが決まるまでお借りしてた訳です。

1000km近く走ってみた感じ、ショップで勧めてくれた100mmがやはり良いみたいで全く不満は出てきません、唯一の不満はTCRには110mmを付けていたので、長いのがカッコいいと心のどこかで思ってる部分だけでしょうか?(笑)

そんなわけで、ちょうど仕事で名古屋に行く用事があったため帰りにショップに寄って長らくお借りしてたステムをお返ししてこのShimano PRO PLTロードステムを購入してきました。

0807021_2

シルバーにグレーが入った感じで色的には微妙だけど結構軽いのと価格も手ごろだったのでこれに決めました。

これでやっと総支払い完了!!

人気blogランキングへ
楽しい自転車ブログがいっぱい!
クリックしていただけると、このブログのランキングがあがります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »