« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

初クロスバイク

昨夜、我が家に初のクロスバイク GIANT Escape R3 がやってきました。

ショップに引き取りに行った時、僕も初乗りさせてもらいましたが、これが思った以上に乗り心地が良く、かなり気に入りました、気に入ったと言ってもぼくのじゃないんですけどね(笑)

Lookのカーボンロードよりも断然Escapeの方がやわらかく感じるのはタイヤが28cだからでしょうか、クロモリのベントタイプのフォークも一役買ってるのかな。
とにかくロードにはないやわらかな乗り心地でとても新鮮に感じました。

2台手元にあったとして、これから街中を流すということならローバイクよりこっちを選びそう。

また車体の重量も12kg弱なので、実際に持ち上げてみると、これまた想像より遙かに軽い。
これでいて5万円以下なんだから売れるのも頷ける、kenji0505さんがもう一台欲しくなりますよって言った言葉の本当の意味がわかりました。

フロントのシフト感に少し不満はありますが、2速に突っ込んでおけばそうそう変速することはないでしょうからとりあえずは我慢できるんじゃないかな、まぁ本人全然わかってないし(笑)
リアはさしあたって不満なし、そりゃデュラやアルテに比べれば甘いですが、使用上は問題ないですね。

ハンドリングに少し癖があるけど、これがESCAPEの持ち味でしょう。
とりあえず手を加えたいところは、ハンドルがちょっと長すぎるので嫁さんのライディング技術が上がったら少し切った方が良いかなぁ・・

乗ってみるといろいろ感じますが、総合的に見てこれはホント良いバイク、人気バイクな訳です。

0806141

で、今日の午前中は短時間だったけどロードバイクで嫁さんを引き連れ市内を散歩。
かなり緊張してあちこち痛いと言ってたけど、結構楽しんだようです。

0806142

午後は長男と公園で練習走行に勤しんでおりました。

0806143

大平を自分で手繰り寄せてくれているようです(爆)

人気blogランキングへ
楽しい自転車ブログがいっぱい!
クリックしていただけると、このブログのランキングがあがります

| | コメント (4) | トラックバック (0)

半年以上ぶりの3本ローラー

ここ最近、日曜日にしか走ってないので、ローラーしなくちゃなぁ~・・ とは思っていたものの、夜は夜で子供を風呂にいれたりと何かとまとまった時間が作れず思うだけに留まってましたが、昨夜は根性きめて久しぶりに乗ってみました。

半年以上乗ってなかったので漕ぎだしの時は結構ビビりながらでしたが、いったん体が覚えたものはそうそう忘れないものですね、5分ほどしたら安定してきました。

マフェントン理論をしようと思っていたので心拍数を最高心拍-年齢-5で乗ろうと思っていたらローラーへの恐怖と緊張で乗り出し前からとっくに超えてました(笑)

でも、走行が安定してきたら心拍も落ち、なんとかマフェトン理論値で40分間、距離15kmを回しました。

最近、実走だと、どうしてもLOOK585を選んじゃうのでTCRの必要性が感じられなくなり、手放そうかと思ってたけど、ローラー専用機として残しておくのも悪くないかなぁ・・・  もったいないかも?

人気blogランキングへ
楽しい自転車ブログがいっぱい!
クリックしていただけると、このブログのランキングがあがります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3つのガイア

息子の頭のサイズが大きいばかりに自転車に乗れた記念として、自分が使っていたOGKのGAIAをあげましたが、たまに息子のGAIAをかぶってみると凄くかぶり心地がいいんですよね、軽いし。
今、ロード乗るときにかぶっているMETのエストロよりしっくりきます。
内心「あ~あ、あげるんじゃなかった・・・」と正直何度か思いましたが、息子が喜んで使っているのを見るとそれはそれでうれしいもんです。

嫁さんもメットが必要になったのでネットで探したところ、2個買っても定価1個分プラスαくらいの安いところ見つけたので嫁さんのメットを買うついでに一緒に買ってもらっちゃいました・・・エヘヘ らっきー♪

080611

色は息子にあげたのと同じマットブラック、画像真ん中のが嫁さんのガンメタルのGAIA、ということで家には3つのガイアが鎮座しております。

安いし、軽いし、頭に完璧フィットするし、ヒサシ付けると劇クールだし、大のお気に入り。
ロード乗る時はエストロでオフロード走る時はGAIAにしようっと。

え? マウンテンバイクもってないじゃん、って? ・・・・(謎汗)

人気blogランキングへ
楽しい自転車ブログがいっぱい!
クリックしていただけると、このブログのランキングがあがります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

治部坂~平谷~新野 初コース

昨日は朝、空を見たら雲行きが怪しいので自転車に乗る気も失せ、息子と一緒に仮面ライダーキバとか見ていたら、あっと言う間に10時過ぎ・・
ふと外を見ると日が差している、あらら・・いつのまに。

ということで出発!、この時間から行けそうで魅力的なコースは治部坂峠越え平谷経由、売木、新野で飯田へ戻るという自転車初体験周回コース。

初体験って魅力的ですよね(笑)

まずはいつもどおり治部坂峠麓のローソンでこれまたいつもどおり干し梅と凍ったペットボトルの水を購入し、背中のポケットに押し込み先を急ぐ。
途中の3つのトンネルは名古屋方面に対して右側の広い歩道を通行し、停車することなくあららぎスキー場入口まで一気にのぼる。
060801

ここからはしばらく下り基調。
時計を見ると午後1時を回ったところ、おなかも空いたので友達の家がやっている、「みはらし」でラーメンを注文。
汗をかいた後のラーメンはとっても美味しい。
060802
スープも全部飲みたいところだけれど、水っぱらになると後がつらいので我慢我慢・・

しばし世間話をしたあと治部坂高原スキー場方面に向かって出発!
スキー場の横に来てみたら何やらにぎやかい。
旗をもって呼び込みしてる人達もちらほら、どうやら、「つつじ祭り」をしているようで何か楽しそう・・
すごくそそられたが今休んできたばかり、止まってばかりでは一向に先に進めないのでここも我慢をしてスルー。

峠頂上のスノーシェードをくぐれば一気に平谷の道の駅まで駆け下ります。
060803

平谷の道の駅(ひまわりの湯)はトイレに寄っただけ。
それにしてもここはオートバイだらけでした、昔は自分もオートバイ乗りだったことを棚にあげて「化石燃料もやすより、脂肪もやそうよ!」な~んてことを独り言で言いながらそそくさと出発(笑)

ひまわりの湯直後の交差点を売木村方面に左折。
ここから先は過去、自動車やオートバイでは何度か走ったことはあるけど自転車では初、しかも走ったことあるのははるか昔のことなのでどんな勾配だったかは全く記憶なし・・・

しばらく進んでいくと道が登り始める、治部坂から下ってきて足に余裕があるので鼻歌交じりで登っていく、しばらく上ると平らになったので、「おっ、こっから下りかな?」と思っていると、また登りが始まる、これが何度となく繰り返される・・・ 足の貯金もいつのまにかスッカラカン、マイナスが付きそうになる・・・
「げっ・・こんなに登る道だったっけ・・ やべっ、休みたくなってきた・・」 そう思ってついに足を着こうとしたときやっと頂上につきました、ホッ(;´∀`)

060804

塩辛い干し梅を2つ口に放り込んで、バックポケットに入れておいた氷の溶けかけたペットボトルの水を2口、ぐびっと飲んで下りに入る。

下りだしたら「え? もう新野?」と思うほどあっという間でした。
新野から飯田間も自動車やオートバイでは何度も何度も走ったことのある道。
しかし自転車で走ってみて初めて気付きました、こんなにアップダウンしてるのかと・・
この道を最近ブルベ600kmで使用したようですが、疲れた体に、いつまで続くかわからないこのアップダウンは堪えたことでしょう。
道を知ってる僕でもいい加減いやになりましたもの。

あと下條村役場近くののトンネル、これも嫌ですね、ひとつは歩道用のトンネルがあるんだけれど、もうひとつの下條道の駅よりのトンネルは歩行者用トンネルは無し、歩道は人ひとりがやっと通れるほどなので自転車を押しては無理。
車道を走るしかないが、この車道も道幅に余裕のない狭いトンネルなので車が来ると非常にひやひやします。
迂回路あるんだろうか・・・

まぁ、無事通り抜け、道の駅で小休止、さすがに峠をいくつか超えてきて足にきてるようなので少し長めの休憩です。

15分ほどの休憩ののち出発。
新しい道ができて大きく変わった天竜峡近辺、自分がどこ走ってるのか全然方向感覚がわかりませんw
旧道をもとめて看板を探しているとありました、「151号線こっち」
国道より天竜川対岸の県道の方が気持ち良く走れるので天竜峡駅を超え天竜川に架かる橋を渡りました。
そこから川沿いで弁天橋まで進みます。
この道はロードバイクレースの実業団レースで使われる道ですね、大変気持ち良く走れ、無事帰宅となりました、走行距離は約100kmでした。

そんな感じでの初コースでしたが、知ってる道でも自転車で走ってみないとわからないアップダウンがたくさんあることに気付かされたツーリングでした。

Road_682008

人気blogランキングへ
ホント!楽しい自転車ブログがいっぱい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奥様用クロスバイクは定番の・・

先日の諏訪湖ツーリングは大変楽しめました。
それと言うのもフライフィッシャーさんのおかげで・・・   いや、今日は話題がそれじゃないので(笑)
諏訪湖の湖岸道路のすばらしさもあるわけです    うん、今日はこっちです(笑)

湖岸道路を走っていたら、家族ぐるみで自転車に乗って楽しんでいる方たちをたくさん見かけました、それがまたとても楽しそうなんですよねぇ。
「これはやはり嫁さん=(もげこ)にも乗ってもらわなきゃ・・」ってことで諏訪から帰ってくるなり、嫁さんとバイク選択です。
まずは車種選択で悩みました、ロードか?マウンテンか?クロスバイクか?・・・

嫁さん(もげこ)は小学校以来自転車に乗ったこと無く「乗れる・・」という程度、一回TCRに乗せた時は真直ぐはOK、ターンは・・・・? な感じだったのでそれを念頭に置いて消去法で選んでみました。

小径車は慣れてる人は気にならないけれど、初心者はバランスをとるのに技術がいるのでNG(小径車で手放ししてみるとわかるよね、700Cに比べるとフラフラします)

マウンテンバイクは山に行くわけでもないのに重たい車体はデメリットのみなのでNG

ロードバイクは、乗れるか乗れないかギリギリレベルの人には敷居が高いかな~?と思い、やはり無難にクロスバイクとなりました、ロード高いしね(これが本音だったりww)

で、何にしたのかといえば、本日の題名通り 超定番 「GIANT ESCAPE R3
色はホワイト、サイズは430mm ちょうどこの写真と全く同じのですね。

080607
Photo by GIANT
                                    

もう、猫も杓子も・・・ と言うほど売れてるバイク。

値段にたいしての装備、重量などがとてもバランス取れてるんでしょう、じゃなきゃこんなに売れません。
ブランドイメージでいったらヨーロッパ車にはおよばないけれど、世界最大の自転車メーカー、物が悪くないのはTCRで確認済みです。

さて、来週中には入荷するようなので楽しみですが、嫁さん(もげこ)より自分の方がわくわく♪してるような気がしないでもない・・・・

ああ・・そうそう、バイクを選び出した時から始まった嫁さん(もげこ)の口癖 「大平にはいかない」 

・・・ そんなに大平行くの辛そうに見えるのかな  いつか連れてくけど(笑)

                                                                  

人気blogランキングへ
ホント!楽しい自転車ブログがいっぱい!

ついでに自分のバイクも頼んじゃってたりなんかして・・・(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自己最長走行記録更新

今週の日曜日LOOK585で初のロングライドをしてきました。

去年、諏訪に行った時、始めて200kmオーバーをしたけれど、ほんとギリギリの200kmだったので、今年は余裕での200kmオーバーをもくろみ、諏訪湖をめざしてきました。

今年の冬の予想だにしない怪我でせっかく申し込んだ佐渡ロングライドをふいにしてしまったので、その代りのつもりの個人ロングライドです。

みんなそうだと思いますが、普段朝起きるのが辛いくせに、こう言う時だけはスッキリパッチリ目が覚めます(笑)
そんなわけで5時起床でした。
せっかく早く起きたのに、身支度を整えてたらあっという間に5時半を回ってしまった・・。

5時37分、あわてて出発。
1kmほど進んだところでハートレートセンサーの装着し忘れに気付く・・・・ もう出鼻からグダグダです(笑)

お早い帰宅で仕切り直し、心新たに出発です。

0806011
早朝の景色は透き通るようでいつ見ても心躍りますね、わかってても普段はなかなか起きれませんが(笑)

0806013

気持ち良く走っていると、松川を過ぎたあたりでサドルがずれてきた感じ・・ 
なんかすごくお尻が後ろにさがってしまったようでハンドルが遠い・・・・

0806012

飯島の道の駅で確かめてみるとシートポストのねじが緩んできている、締め直してから缶コーヒーを飲み出発。
これが今回のシートとの格闘の始まりになるとはこの時、気づきもしませんでした。

その後、快調に飛ばして駒ヶ根市を7時通過

0806014

駒ヶ根をしばらく過ぎるとアップダウンがなくなり農面道路はほぼ直線になり快調に飛ばせます。
7時40分伊那インターを通過、いたって順調です。

話はそれますが、この画像上のステムの右横にマジックテープで着けてあるのがEdge305のサブ電源、USB端子に電源供給する電池ボックス(ブライトンネットのB-BATTERY)です、中にはサンヨーのエネループが2本。
10時間以上の長距離走るときは内蔵電源だけではもたないので、これつけて走ってます。
このサブ電源をつけると、まずサブ電源を消費して、空になると自動で内蔵電源にきりかわるので実質、外部の電池を入れ替えていれば何日でも連続計測できます。
まぁ、現実はログが600km位でいっぱいになって計測ストップするらしいですが。
実際、この日12時間以上つけてましたが、内蔵電源に切り替わることはありませんでした、エネループだけで12時間はいけるみたい。

9時12分、去年も休憩した川岸駅に到着、小休止。

0806015

去年、はじめて200kmを走った時、ハンガーノックと発汗によるミネラル不足で泣いたのを教訓に、今回はガンガン補充します。
自販機のあるところの休憩では糖分のある飲み物を購入、バックポケットに入れてある梅干しと合わせて摂取します、もう足の痙攣で進みたいのに進めないなんて思いするのはたくさんです。

しっかり補充し、川岸駅を出発、もうここから諏訪湖は目と鼻の先です。

っと、ここでフライフィッシャーさんから電話!
「いまどこ~~!! そっちむかってるから一緒に走ろうよ、ねっ!」と熱烈なラブコールをいただきましたw うれしいことです。

じっと休んで待ってると足が冷えてしまうので、諏訪湖をぐるぐるわまって待つことを告げ釜口水門をめざします。

0806017

0806018

天竜川の起点、釜口水門で一呼吸入れ、諏訪湖周回開始。

2周したところで、そろそろフライフィッシャーさんが到着するかと思い、合流しやすい釜口水門そばの公園で休憩しながら電話すると、もうすぐそこまできていました。

0806019

その後、無事合流でき、ふたりで諏訪湖を一周することに。
結果、ぼくは3周することになり、前回1周で帰宅時200kmをぎりぎり超えたので、今回は楽勝で200kmオーバーが決定しました。
合流後しばらく走っていると、またもやハンドルが遠くなる・・・ またねじが弛んでサドルが後退したようです。

せっかく決まっていたサドル位置がボルトが緩む度、台無し・・
フライフィッシャーさんに手伝ってもらいながらサドル合わせしました。

伊那から自走してきたフライフィッシャーさんの方が足に余裕がありそうなので諏訪湖3周目は引いてもらいました(笑)

08060191

おかげで、結構いっぱいいっぱいだったけれどなんとか着いていけたかな?って感じで1周しました。(画像はアソスのジャージがエロいフライフィッシャー氏)

一周し終わったあと、川沿いを茅野方面へ向かい六斗橋交差点を右折し県道16号線へ。
16号線沿いのコンビニで水分、糖分補給です、これから始まる杖つき峠への準備です。

08060192

トンネルに向かって登りが始まり、ヒルクライムの苦手な僕はあっと言う間にちぎられました(汗)
トンネルを超えた頃にはもうフライフィッシャーさんの姿がはるか遠く、完全に消え失せたのはそのすぐ後でした、やっぱりヒルクライム苦手だな・・と再確認、結構落ち込みましたよ(笑)

もうこうなったら開き直ってゆっくり行こうと、途中止まって記念写真、585が泣いてます(笑)

08060193

汗だくになりながら必死こいて登っていると上から「ひゃっほ~~!!」とかなんとかいいながらフライフィッシャーさんが下って行ってしまいました・・・・・ どうやら頂上で待たせすぎたようです     はいはい好きにしてください (笑)

打ちひしがれながらなんとか頂上到着です。
いつ来てもここから見る景色は絶景ですね。
ちなみにこのパノラマ展望台、100円を備え付けの空き缶にいれると入ってもいいようですが、いつもケチって入ったことないんです ふはは・・・。

08060194

さて、ここまで登ってしまえばあとは下り、一気に伊那市街地までいくぜ!!・・・・ と思ったけれど、またもやサドルが・・・   

またまたサドルの位置合わせ、もういい加減うんざりです(怒)
という訳で少し頭に来ていたので今回は「もうボルトがねじ切れても良いわ!」と渾身の力で締めあげました。
しかし、そういう時に限ってサドル位置がお尻に合ってないんですよね( TДT)
ここからお尻の痛みと闘いながらの走行となるのでした・・

伊那市街に入ってからフライフィッシャーさんが車を置いた伊那の農面道路に登ります、結構きつい登りなので堪えましたが、2人だったので何とか休憩なしで登れました、一人だったらきっとグダグダになってたんだろうなぁ・・

しかし、ここで登っておいたことで飯田までの帰路が下り基調になり結果とても楽になりました。
農面道路に出たところにあるサークルKで休憩を取り、長らくお付き合いいただいたフライフィッシャーさんと別れ、ここから家まで一人旅です。

ここまで我慢して走ってきましたが途中、あまりの坐骨痛さにサドル調整をしました、坐骨が痛いということはサドルが前傾しすぎかと思い少し後ろに傾けて出発。
しかし、今度は後ろに傾け過ぎたようで鼠径部(コマネチラインw)が圧迫されて痛い・・ 

我慢して走るも駒ヶ根過ぎたところでギブアップ、またもやサドル調整・・・ いったい今日何度目だ・・・ と思いながら調整し出発。

だが今度はうまくいったようでお尻がすっぽり収まってる、この場所を見つけるとホント快適なサドルです。
そんなこんなでサドル位置との戦いをしながらやっとやっと家に着きました。

08060195

時刻は午後7時をまわったところ。
日が長いおかげで助かりました、もちろん先日買ったライトは持って行きましたが。

距離は230km、う~ん、自己新です。
我ながらよく走ったと思いますが同時にブルベなどで600kmとか走る人は神だということがよくわかりました。

家に付き自転車から降りたら膝裏が酷い痛みでまともに歩けない状態になっていました、これはやはりサドルの位置が合ってないんでしょうね、去年TCRで200km走ったときは疲労こそひどかったものの膝の痛みはありませんでしたから。
サドルの角度はいい感じになりましたが、高さと前後位置は、もっと煮詰める必要がありそうです。
今回230km走ってみての感想は、この距離でこんなに疲労してるようじゃ、まだまだだなってのが正直な感想です。

                                        精進精進っと。

人気blogランキングへ
ホント!楽しい自転車ブログがいっぱい!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »