« いつもの早朝40kmコース | トップページ | こんなペダルと靴を使ってます »

陣馬形山、標高1445mはもうさむい・・

  今日は久々にロングツーリング、いつもの小渋ダムを下に見ながら登っていくコースで標高1445mの陣馬形山キャンプ場へ。
0612010
結構な急坂が続き、デフォルトのギアではかな~りきつい、スタンディングの多用を強いられる、下見もしてないのでどんな道かわからずに来たのがいけなかったかなぁ・・ まぁ下見したから坂が緩くなるわけでもないので関係ないかな?
まぁとにかく登る、ひたすら登る。
だいぶ先に進み、民家からもだいぶ離れ完全な山道になってから、崖下の藪からガサガサ!っという音が聞こえることがしばしば、「熊?」 人気も全く無い舗装された山道なので結構怖い・・。
先ほど地元のおばさんの横を通り過ぎた時、大きな音でラジオを鳴らしながら歩いてたけどあれは熊避けだったのだろうか?と思えるくらい何かがいる気配・・・ひぃいぃい~ 。

しばらく陣馬形山広域林道を登ると「キャンプ場方面こちら」と印された横道があるので、そこを左折して登っていく。

すると、なんと!道路を横切る側溝の網状の蓋、通称グレーチング、これが上下逆にはめてあり前輪後輪ともガツンッ!!と溝に落ちながら通過・・おいおいなんだったんだ? 幸いにも急な登りだったため速度がなく落車、転倒にはいたらなかったけど、これが下りだったら多分大事故・・考えるだけでゾッとする。
 広域林道から曲がって下から二つ目のグレーチング、危険なので直しておこうかと思ったけど、このグレーチング、一人でひっくり返すには大きすぎる、これは事故がある前に役場に言っておいた方が良いのだろうか・・?管轄は役場なのだろうか、しかしなんで天地逆さになってるんだろう??
これから陣馬形山行かれる方は気をつけてくださ~い!!

そんなわけでしばらく登ると、やはり先ほどのグレーチングでの一件が原因で前輪がパンク・・ こんな山奥でパンクは初めて、直らなかったらなんて考えると・・・ひぇ。0612011_2
あせる気持ちを抑えながら慎重にパンク修理、確かにチューブに穴がいてる、タイヤを触って原因を探してみたけれど外部から刺さっているものはない・・やはりリム打ちだったかな? イージーパッチは持ってるけどチューブの変えはもう無いので2度目のパンクは避けたい、しかし原因がイマイチわからないと、これが結構不安、とくに人里からかなり離れた山奥だし・・・。

その後しばらく登ってみたけど空気は抜けていない様子、どうやら大丈夫そう、一安心。

キャンプ場方面と折草方面の分かれ道で左折して頂上のキャンプ場へ向かう。
ここから先も、きっつ~い登り、もう絶対コンパクトクランクを買うと心に誓うTT
0612013

やっとの思いで頂上到着。
0612012
途中で抜いて行った乗用車の人たちが「こんな時期だし自分たちだけだな~なんて話ながら登ってきたんだよ、そしたら自転車でここまで来る人がいるとは・・」としきりに歓心しながら話しかけて来てくれたのでしばらく話をして自転車の素晴らしさを広め布教活動をするw
話が済んだところで速攻で帰路に・・夕方から仕事があるのに思ったより遠くかなり予定より時間を過ぎていたためせっかく来たのにユックリしていけなかった、残念・・。
今回で行程はわかったので次回は時間に余裕をもって来よう、コンパクトクランク買ってから・・・。

走行距離                      83.59km
走行時間                   4時間08分
平均ケイデンス          66回転/min
平均速度                    20.1km/h
90回転以上滞留時間    1時間07分
90回転以上滞留率        27%

登るのにやっとやっとなのでデータはもう・・酷いもの。
次回はもう少しましになることを願うばかり・・。


にほんブログ村 自転車ブログへ
楽しい自転車ブログがいっぱい

|

« いつもの早朝40kmコース | トップページ | こんなペダルと靴を使ってます »

コメント

陣場形へ上ってしまうとはすごい!

結構ロード乗りに人気があるコースのようですね。
また行ってみたいけど、この前の件があるから気が引ける・・・・

ダムを下に見て行ったってことは、小渋側から上ったんですよね。
もう寒そうだから、来年に挑戦してみたいなぁ。

投稿: コロケロ | 2006年12月 1日 (金) 20時14分

コロケロさんへ
そうです、小渋ダムから上がりました。
すごいだなんて言われると照れますなぁ、こんな道だと知ってたら行かなかったかもですから、途中何度帰ろうと思ったことかw

帰らずに最後まで登っれたのは、再チャレンジする意欲に自信が無かったからだし・・・ww

しかし一回上がると2回目は簡単にいけそうにな気がするから不思議なもんです、絶対簡単じゃないとわかってるんですけどね。

私は今日、半袖ジャージにアームウォーマーのいでたちで登ったので下りが寒かったですね、ちゃんと防寒対策して前日位から天気がずっと良ければまだまだ行けそうですよ。
私はコンパクト買わないうちは行きませんがw

投稿: 京介♪ | 2006年12月 1日 (金) 20時29分

地蔵峠が1300mちょっとだったから、それよりまだ100mも上るのか・・・・
大変そう。

「こんな道だと知ってたら行かなかったかもですから、途中何度帰ろうと思ったことか」っていうのはわかりますよ。
この前のコロケロもそんな感じだったし、ただ途中で挫折するのも嫌だった。
うーん、山には変な魅力があるのかなぁ?


服装をきちんとしていけば何とかなりそうですか。
行ってみようかな。

しかし問題も・・・
ブログの中で考えさせられたこと3つを記事にするようにしてますが、その中の1つで足を痛めてしまったことがあります。
今週はあまり時間も取れなさそうだし、また今度にしようかな。

あんまり向こうへいくと、寒くなっちゃうか(^^)

投稿: コロケロ | 2006年12月 1日 (金) 22時08分

コロケロさんへ
気乗りがしないときは止めておいた方が良いですね。
どうしても行きたくなったら行きましょう!ただ雪や凍結には細心の注意を、あそこで何かあっても助けはそうそう来ませんから・・こわっ!

投稿: 京介♪ | 2006年12月 1日 (金) 23時45分

こんばんわ、京介さん!!

標高差にしてどのくらいあるんでしょう、
かなり高いところまで登られたんですね!!

グレーチングと橋のエキスパンションは、
私もそれぞれ一度ずつひやっとしています。
グレーチングには前輪が挟まり、後輪が少し浮きました。私も幸いすりぬけられたので大事にはいたりませんでしたが、今では見かけると必ず斜めに低速でまたぐようにしています。
あと、意外に恐いのが、店先にある人工芝のようなマット、、、、あれ、かなりハンドル取られますよ。
わざわざそんな所走る必要もないのですが、タイヤ綺麗になるかなと思って乗ったら、大間違いでした。

投稿: つかちん | 2006年12月 2日 (土) 00時56分

陣馬形山か懐かしいな~!
もう40年も前だけど高校生の時に友達と焼き肉と酒をリュックサックに入れて麓の大草村から歩いて登り一泊しました。
その時の薄紫の夕焼けの美しさと、焼き肉の味が忘れられない。

投稿: おとう | 2006年12月 2日 (土) 09時05分

つかちんさんへ
飯田市の標高が500m弱なので1000m近く登ったことになりますね、その位足にきました・・orz
しかし、その甲斐は十分あるほどの絶景です。
街場を下に見れる景色は対象物があるため高さを直感的に把握しやすく、とても楽しめますね。

グレーチングも普通においてあれば大体大丈夫なんですが、ひっくり返ってるとグレーチングの厚さ分タイヤが落ち込みますね。
初体験でまじ死ぬかと・・。
しかし店先のマット・・・  綺麗になると思ってですか?w
さすが、つかちんさん・・・ わたしは多分乗りませんw

こんど飯田にきたら一緒に陣馬形山、上りませんか?

投稿: 京介♪ | 2006年12月 2日 (土) 12時35分

おとうへ
ごぶさたしております^^
やはり登ってましたか、さすが山男!
高校生のときと言っているのになぜ酒もって登ったのかはあえて聞きませんが・・楽しかったでしょうね、あの景色は最高です。

自転車じゃなく登山道でも登って見たいと思ってます、一緒に行きましょう!

あっ、今夜おじゃまいたしますのでよろしくお願い致します^^

投稿: 京介♪ | 2006年12月 2日 (土) 12時38分

ご無沙汰です(-"-;)

大阪にはその標高の山はないので、めちゃくちゃ高いなぁと関心しきりです。

私もこの前自転車でパンクをしましたよw
しかもパッチ修理が利かない穴の開き方でしたのでいきなりチューブ交換ですwww

グレーチングはお気をつけくださいね。
あとマンホールとかも滑りやすいですし、下り方向はスピードも出ますから怪我しないようにしてください。

投稿: buff_king | 2006年12月 3日 (日) 05時50分

パンクしましたか、初めてだと結構興奮しますよねw
私もその場でパッチを張ることはしたことないです、チューブ交換して家に帰ってからユックリパッチをゴム糊で貼ってます、携帯してるのはイージーパッチですから出来ればちゃんとしたパッチで修理したいですから。

グレーチングが天地逆さだと非常に怖いです、タイヤがリムも含めて完全に落ちますから・・・

投稿: 京介♪ | 2006年12月 4日 (月) 02時13分

この記事へのコメントは終了しました。

« いつもの早朝40kmコース | トップページ | こんなペダルと靴を使ってます »